地域活性Part2! 地ビールを飲もう!

◆◆地ビール



特定地域にて限定量生産する小規模ビール会社による地域ブランドのビールのこと。
日本では、緊急経済対策の一環として1994年4月の酒税法改正により、ビールの最低製造数量基準が2000klから60klに緩和されたことを受けて全国各地に誕生した地域密着・小規模醸造のビール会社による、地方ローカルブランドのビールを指します。英語圏ではクラフト・ビールとも呼ばれ、地ビールを醸造するビール会社や醸造所をマイクロ・ブリュワリーと呼びます。多くの醸造所が、エール、ダークエール、ピルスナー、ヴァイツェン、ケルシュなど数種類のスタイルのビールを醸造しています。醸造所は、全国で200カ所前後あります。緩和後、一時は地ビールブームとなりましたが、次第に沈静化。。。価格の安い発泡酒の攻勢を受けたことで、高価格の地ビールは一気に窮地に立たされることとなり廃業する業者も出るようになってしまいました。実際に大手ビールメーカーですら地ビール提供のレストランを閉館せざるをえない状況になりました。これは、日本では大手メーカーによるピルスナースタイルの大量生産が主流であるため他のスタイルの味が普及せず、加えて割高な少量生産では一部マニアにしか浸透しなかったためです。地ビールは大手ビール会社の製品に比べると、販売価格が高い上に賞味期限も短く、当然製造量も少ないために経営に関してはかなり厳しいところが多くあります。このため、居酒屋チェーン等の飲食店向けに特化した生産を行ったり、他の地ビール業者のOEMを行うなどして何とか生産を維持しているところも多くあります。1980年代後半よりアメリカ合衆国にて、地方の小規模な醸造所やレストランに併設された醸造施設によって生産されるビールが人気を得ていたことが世界的な地ビール流行の流れとなりました。それらの醸造所は、クラフト・ビール、マイクロ・ブリュワリーなどと呼ばれています。

日本の地ビール審査会



毎年、日本地ビール協会主催でジャパン・ビア・カップが開催されています。この審査会で全ての地ビールの出来の優劣が決まるわけではありませんが、一定以上のスキルを持つ審査員によって審査されているためある程度の信頼はおけます。なお、ジャパン・ビア・カップの入賞ビールは東京や大阪、横浜で行われるジャパン・ビアフェスティバル会場で試飲が可能です。興味が有る方は是非!!!


アバターでお祝い♪【古希編】

古希祝いの歴史と由来をご紹介

昔は70歳おろか「還暦」の60歳すらもそうとうな長生き。そのため、古代中国では40歳から10年ごとに長寿を祝っていた時代もあったようです。その習慣が日本にも伝わり、次第に寿命が延びていった後も、還暦後10年目の70歳を祝う習慣は残りました。但し、実際に「70歳=古希祝い」とされたのは、室町時代の頃ではないかとされています。「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。これは、古の中国の詩人・杜甫の「曲江」という漢詩の中の次の一節に基づいています。古代中国に生きた思想家・孔子の言葉を表した「論語」の中に『人、齢(よわい)七十、これ稀(まれ)なり』という記述があります。日本の一般庶民にまでこの言葉が伝わった理由としては、やはり詩人・杜甫の存在を忘れるわけにはいきません。とりわけ、世の中が安定していった江戸時代は、人々の間で学問や文芸に対する熱意が高まっていった時期。論語や漢詩などを読み下せることは、武士だけでなく町人にとっても、教養や「粋(いき)」の証にもなっていきました。そんな時代ですから、ご先祖様の時代から読まれ続けてきた有名な詩人・杜甫のことが知られていないはずがありません。その漢詩はさまざまな形で多くの人々の目にもふれていきました。かくして古希を祝う習慣は、杜甫の詩とともに庶民の生活にもすっかり根付いていったのです。

「古稀」か「古希」か?

「こき」と調べれば「古稀祝い」とあったり「古希祝い」とあったり。いったいどちらが正しいの?と疑問を持たれたことはありませんか。正解から言えば、「現代社会においてはどちらも正しい」。本来、古希は中国の故事「人生七十古来稀也」からきているため、「稀」の字が正しかったのですが、「稀」が常用漢字ではなかったため、1946年の当用漢字制定の際に「稀」の代用として同じような意味を持つ「希」の字が使われるようになりました。なお余談ですが、この2つの漢字、形がよく似ているため、「稀」が「希」の旧字だと勘違いされることもありますが、それは間違い。「稀」のほうは「のぎへん」が表す通り穀物の状態を指す言葉で、「希」は反物の状態を差す言葉。つまりその関係は新旧ではなく兄弟か親戚関係といったところです。
古希祝いのプレゼント、キーワードは『紫』です!
お祝いの色昔から高貴な色とされている 紫色ですので、お祝いには紫色の物をプレゼントするのがおすすめです。 紫のスカーフや洋服、紫の食べ物や紫色の瓶の日本酒なども喜ばれるかも知れませんね♪紫色のドレスを着たアバターもちょっとしたプレゼントにオススメです。

地域活性!地酒を飲もう!

酒は百薬の長♪美味しい日本酒の選び方

お酒を選ぶとき、いったいどのように選んでいますか?見た目?口コミ?自分ごのみの日本酒を探し当てるのはなかなか難しいもの・・・。そこで、『日本酒選びのコツ』をお教え致します!

【生詰酒】
生貯蔵酒とは逆に、製成後、火入れをしてから貯蔵し、製造場から移出する際には火入れを行わない清酒のこと。

【ひやおろし】
冬季に醸造した後に春・夏の間涼しい酒蔵で貯蔵・熟成させ、気温の下がる秋に瓶詰めし出荷された清酒。

【荒走り(あらばしり)】
上槽時、すなわち槽という搾り器を使って醪をしぼるときに、最初にほとばしるように出てくる部分の酒のこと。圧力を加えないで、最初に積まれた酒袋の重みだけで自然に出てくるものです。一般に固形分である滓(おり)が多く、アルコール度は比較的に低めで、香りも高く切れ味が良いのが特徴です。

【中取り(なかどり)・中汲み(なかぐみ)・中垂れ(なかだれ)】
上槽時、荒走りの次に、中間層として出てくる部分。アルコール度や味は、ほどほどの中間点。味と香りのバランスが最も良い、あるいは荒走りより練られた味、とも評されます。

【斗瓶取り・斗瓶囲い】
上槽時、出てきた酒を斗瓶(18リットル瓶)単位に分け、そこから良いものを選ぶ方法。出品酒等の高級酒に多く用いられます。

【無濾過】
活性炭濾過による香味調整をしない酒のこと。

【にごり酒・おりがらみ】
にごり酒は、上槽の際に粗い目の布などで濾して、意図的に滓を残したもの。火入れをしない場合は瓶内部で発酵が持続し、発泡性のものになる。おりがらみは、滓下げをしないままのもの。どちらも、滓に含まれているや旨み、醪独特の濃厚な香りや味わいを楽しむために作られます。

【日本酒度】
清酒の比重を示す単位。対象とする清酒を15℃にし、規定の浮秤を浮かべて計測します。そのときに、4℃の蒸留水と同じ重さの酒の日本酒度を0とします。それよりも軽いものは+の値、重いものは-の値をとります。日本酒度が高いほど辛口になる傾向があり、味の目安としてラベルに表示されることが多いようです。

【酸度】
清酒10ミリリットルを中和するのに要する、0.1モル/リットルの水酸化ナトリウム溶液の滴定ミリリットル数のこと。この値が大きければ「さっぱり」、小さければ「こくがある」といった表現が使われます。

【濃淡度】
濃淡度は、清酒の味の濃淡の度合いを示す値のこと。ブドウ糖濃度は直接還元糖で、分子構造の大きなデキストリンをのぞいた残りの糖分の量をさします。濃淡度がプラスになるほど味が濃くなります。

【アミノ酸度】
清酒10ミリリットルを酸度の場合と同様に0.1モル/リットルの水酸化ナトリウムで中和した後、中性ホルマリン液を5ミリリットル加え再度0.1モル/リットルの水酸化ナトリウムで中和したのに要した滴定ミリリットル数のこと。値は後者の水酸化ナトリウム滴定数量に等しく、値が大きいと濃醇、小さいと淡麗の傾向があります。

アバターでお祝い♪【還暦編】

還暦とは、干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻ること。本卦還りともいいます。 数え年に代わって満年齢を用いることが多くなったため、数え年61歳に代わって満60歳を還暦とする考え方が一般的になってきています。30周年を半還暦・120周年を大還暦といいます。西洋では、ダイヤモンドを60周年の祝いに贈ったり、60周年の象徴とする風習があります。結婚60周年はダイヤモンド婚式ともいい、殊にヴィクトリア女王の即位60周年は、ダイヤモンド・ジュビリーとして盛大に祝賀されました。

『還暦』とはどういう意味があるのでしょう

還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支にふたたび戻ること。通常は人間の年齢について言い、数え年61歳(生まれ年に60を加えた年)をさします。60年で干支が一回りして、生まれた年のえとに戻ることから、『還暦』というようになりました。別名『本卦還り(ほんけがえり)』とも呼ばれています。還暦の[還]は、『かえる』『もどる』という意味で、[暦]は干支を意味しています。

『数え年』とは?

年齢の数え方は、昭和30年過ぎまで「数え(数え年)で何歳」と表現されていました。元々、数え年における元日は当然太陰太陽暦であるいわゆる旧暦の1月1日 (旧暦)ですが、昭和30年当時既に太陽暦であるグレゴリオ暦の元日で数え年で「1つ年を取る」事は完全に定着していましたので、現在では還暦や古稀について太陰暦の事を意識する必要までは無いと言えます。現在では、数え年に代わって満年齢を用いることが多くなったため、数え年61歳に代わって満60歳を還暦とする考え方が一般的になっています。

チリでの還暦びっくりエピソードとは・・・??

日本のみならず世界的に寿命が伸びている21世紀。しかし、さすがに、日本人の感性では「?」というか「!」というか、ちょっと考えられない6歳に関する話題が海外にはあります。話の舞台は南米の国・チリ。その南北に長―く伸びる国土の南部にあるLo Pradoという町でのことです。時は2008年の4月、時の町長がある施策を発表したと地元紙が報じました。その施策とは、なんと「60歳以上の男性住民を対象にバイアグラを無料配付する」というもの。バイアグラと言えば、 大人の男性、しかも“中年”と呼ばれてしまう世代の方なら、すぐにその記憶網にひっかかるであろう『アノ薬』。もちろん日本でも随分話題になりましたね。なので、ここではあえてその詳しい説明は省きますが、最低限のご紹介をすれば「性的不能治療薬」ということになります。町長がこの施策を決定した理由は住民の生活の質の向上だそうで、年配の住民たちが性生活の不満足を口にしていたのを耳にしたことがきっかけだとか。ちょうど良くというか、偶然にもというか、 この町長のもう一つの顔は内科医。さっそく、住民たちの不満解消に乗り出したというわけです。ちなみに、 このバイアグラ、副作用の問題なども取り上げられていましたが、そこは内科医でもあるこの町長。副作用のリスクを避けるための検査を受けるという条件も実行策の中に含んでいます。なお、この施策に対する住民の反応は報道されていませんが、日本でもしも、還暦祝いにこんな施策を実行する自治体があったとすれば…受け取りの申請をする人の数はLo Pradoの町よりはグンと少なくなりそうな…ラテンの国のリベラル感を実感させられる話題ではありますね。

Yahoo!メッセンジャー

Yahoo!メッセンジャーとは、Yahoo!JAPANが無償提供しているインスタントメッセンジャーです。Yahoo!メッセンジャーを利用するにはYahoo!JAPAN IDの取得が必要です。利用者間でメッセージをやりとりする場合には、このIDによって識別を行い、友人登録を行います。また、アバターを設定することが可能となっています。2007年4月3日にYahoo!チャットのWeb版が廃止されたため、Yahoo!JAPANの提供するチャットサービスを利用するにはYahoo!メッセンジャーのダウンロードが必須となりました。Yahoo!メッセンジャーはYahoo!JAPANが独立して運営しており、米国Yahoo!が運営するYahoo!Messengerとは互換性を持っていません。Yahoo!JAPAN IDとYahoo!Inc,IDが別管理なことによります。そのため、両サービスを跨った形でのチャットやメッセージの遣り取りは一切出来ません。

長寿のお祝いにおすすめプレゼント
還暦祝い館 | 古希祝い館 | 喜寿祝い館